Youtubeの著作権について【初心者向け】

安藤です。

 

最近子供がよくおしゃべりをするのですが(まだ何を言っているかはわかりませんが)、

自分の名前を呼んでいるように聞こえてしょうがありません(←親ばか)

まあ嫁からはただの勘違いと言われますがw

 

さて、人間誰しも勘違いはありますが、勘違いだけで済まないものが世の中にはあります。

 

勘違いで済まないものの中に、「著作権」が挙げられます。

Youtubeでビジネスを行おうとする人は著作権について知っておく必要があるので、今回はその紹介をします。

 

そもそも著作権とは?

 

Youtubeに限らず、文章・音楽・動画等々は作成した人に著作権があり、第三者が無断で使用すると罪になります。

仮に文章を少しだけ変更しても同様に罪になります。

 

 

著作権を侵害したときに求められる法的措置は民事上と刑事上の2パターンがあり、

民事でいえば、代表的なところでは「差止請求」

刑事でいえば、「10年以下の懲役」または「1千万円以下の罰金」が挙げられます。

個人で著作権を侵害した場合は主に民事になると思いますが、差止請求以外にも「損害賠償請求」をされることも当然あります。

 

ただ、著作権侵害は著作権を持っている本人や第三者によって申し立てされなければ罪として成立しません。

それがYoutube内で違法アップロードがはびこる理由でもあると思いますが。。。

 

Youtubeにおける著作権は?

一言で言ってしまうと、あなたが撮った動画以外は著作権を侵害している可能性が高くあります。

例えば、テキスト動画を作る際に使った画像や音楽は著作権侵害になる可能性があります。

Google検索で出てきた画像は勝手に使って良いように思えてしまいますが、基本的に著作権があります(著作権フリーのものもありますが)。また、音楽についても自分の好きな音楽をBGMにしたりするのも基本的にはNGです。

当たり前ですけど、TV番組のアップロードなんてNGに決まってます。

ちなみに違法アップロードで得た収益は、Youtube側にバレた場合収益が取消しされます。そしてアカウントの停止をされることもあるので十分に気を付けて下さい。

 

リスクを負って動画をアップロードしても、収益は発生しない上にアカウントまで削除され、更に損害賠償を払うことになったら最悪ですよ。Youtube上の違法アップロードにより、僕が知っている限り今までに2件の逮捕者が出ています。「漫画をデジカメで撮影してアップ」と「撮影したアイドルグループのコンサート映像をアップ」の2件です。まあ最近の傾向を見る限り、違法アップロードがバレた場合、Youtube上の動画を削除することで解決していることがほとんどです。ただ、何度も言いますが、そのような場合に収益は発生しません。

 

気軽にネット上にアップできる時代ではありますが、厳密に見ていくと多くの動画が著作権に引っかかる可能性が出てきます。

では、どういった動画をアップすれば良いのか簡単に紹介します。

 

Youtubeにアップしても問題ない動画

・完全オリジナルの動画

⇒下の動画のようね、いわゆるYoutuberと呼ばれる人達がやっていることです。

 

あとは自分の子供やペットをYoutubeに挙げている方もいますよね。こちらも全く問題ありません。

 

・著作権フリーの画像や音楽を使って作った動画

⇒著作権著作権とうるさい時代ではありますが、著作権フリーの画像や動画をまとめているサイトがあります。それらのものを使って動画を作ることは何の問題もありません。

http://dova-s.jp/(←音楽)

http://www.tadapic.com/(←画像)

 

 

・ゲーム実況

ゲーム実況は基本的には著作権を気にせずにアップロードして収益を得られることになっている。それは、ゲーム実況による宣伝効果が強く、メーカー側も恩恵を受け取ることが出来るからである。ただし、必ず各メーカーの規約を確認してからアップロードしてください。

 

例えば、Nintendoであれば、広告収入を分配するという形で許可をしています。

 

著作権の難しいところは、著作権を持っている側が動画をアップロードされることで恩恵を受けられる可能性があることです。

 

ゲーム実況が良い例で、動画がアップされることでゲームの販売台数が増えるため、著作権なんて気にしないというパターン。

ゲーム関係は既に規約にも明記されていることが多いのでそれを参照にしていけば良いだけですが、規約に明記されていない場合は必ず確認を取るか、動画をアップするのはやめましょう。

 

「自分が動画をアップすれば企業の評判は良くなる」とあなたが思っても、企業側がどう思うかはわかりません。企業からしたらあなたの意見は関係ないので、思い込みでアップするのだけは避けて下さい。

 

まとめ

以上、簡単ではありますがYoutubeの著作権いついて触れてみました。

Youtube上では違法アップロードがはびこっているので、個人でアップロードできる動画って意外と少ないと感じたかもしれません。

今後は違法アップロードの取り締まりが更に厳しくなると思いますので、一時の収入の欲しさに目をくらませて違法アップロードなんて絶対にしないようにして下さい。

後悔しても遅くなる場合があります。

 

と言いつつも、Youtubeは1日に10億人以上の人が訪れる巨大なマーケットであり、大きな収入を得られる可能性が高いです。先ほど述べたように今後は違法動画の取り締まりが更に強化され、オリジナルコンテンツがより必要とされていきます。Youtubeで稼ぎたいと思っている人は今から準備を始めて、動画という資産を構築していきましょう。それらは成長する資産になります。

 

もしくは

Youtubeを使って稼ぎたいけど、動画を作ったり著作権のこと考えたりするのがめんどくさいと思っている人は、他人が頑張って作った動画を使って稼ぐ方法をお勧めします。

以下の記事で僕がおすすめするYoutubeの商材を紹介しております。

⇒他人の動画に広告を入れて稼ぐ方法

 

以上、本日はここまでになります。

何か質問等あれば僕に連絡下さい。

安藤へ連絡する

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ