学生こそネットビジネスを始めるべき3つの理由

安藤です。

 

毎晩子供に絵本を読み聞かせているのですが、最近どうも集中力がないような気がします。以前はしっかりと読んでいる絵本を見ていたのですが、最近はそっぽを向いてしまうことが多いです。嫁が読むとそんなことないんですけどね。

世のお父さんはこんな感じなのかな。。。つらいw

 

さて、本日は学生に向けたメッセージを書いていきます。

 

学生こそネットビジネスを始めるべき3つの理由

最近は誰でも簡単にネットビジネスを始められるため、大学生や高校生でも既に挑戦したことのある人は多くいると思います。その中のどれくらいが稼げているかはわかりませんが、絶対に稼げるようになるまで続けた方が良いです。

今日は学生がネットビジネスをするべき3つの理由を書いていきます。

 

選択肢が広がる

僕の大学の同級生のほとんどは卒業と同時に企業に就職をしました。別に企業に就職したかったわけでもなく、周りが皆そうしているからと、お金を稼ぐ他の選択肢を知らなかったからです。もちろん在学中に起業している人もほんの一部いましたが、起業と聞くとハードルが高く、手を出そうとする人はいませんでした。

別に企業に勤めることが悪いとは思っていません。しかしそれが嫌な人に対しては、別の選択肢を与えてあげるのが我々大人の役目だと思っております。日本の学校教育はサラリーマンを作るために出来ているようなものなので、それ以外の選択肢が情報として入ってこないのが現状です。最近はネットが普及しているため数多くの情報を得ることが出来ますが、詐欺みたいな情報も多くあるので判断が少し難しいかもしれません。

でも真面目にやれば学生でも余裕で稼ぐことが出来るのがネットビジネスの良いところです。

 

将来何をしたいかわからない人が、企業に勤めるという選択しかないから企業に勤めるというのはやめましょう。ネットビジネスで食っていく、世界一周してから決める等々、卒業後の進路はもっと自由に決められるべきだとも僕は思います。

 

余計な回り道をしなくて良い

大学新卒の給料と1年間真面目にネットビジネスをやってきた人の月収は、間違いなく後者の方が高いと思います。(もちろんやり方によりますが。)

仮に将来世界一周をしたいという夢を持っていたとします。サラリーマンになってその夢は実現できますか?まず少ない給料で旅行代を貯めるのは一苦労です。そして何より時間がありません。ほとんどの企業は長くても夏休みが9日間とかです。9日間で世界一周旅行出来ますか?行けるのは定年退職をしてからです。定年退職をするころには身体も言うことを聞かなくなっており問題の多い旅行になりそうです。

しかしネットビジネスはネット環境さえあればどこでも仕事が出来るので、時間を有効に使うことができます。

一度しかない人生です。

自分のしたいことに一直線に向かっていくことが一番楽しいと思います。

 

成功する可能性が高い

統計を取っているわけではないので主観的な部分もありますが、社会人に比べると学生の方が間違いなく時間が余っています。僕は深夜までアニメを観て昼過ぎに起きるような生活を繰り返してました。

その中の2、3時間でも良いのでネットビジネスをする時間に当ててみて下さい。

社会人がネットビジネスで稼げない大きな要因の1つに作業時間が取れないということが挙げられます。会社が忙しかったり、飲み会が入ってしまったり、ストレスがたまったり、心に余裕がなくなるとやるべきとわかっていても中々手を付けられません。

その真逆の立ち位置にいる学生(飲み会は入っているかもしれませんが)はやるべき理由をしっかりと明確化すれば必ず続けられるはずです。

別に仕事の能力とかはネットビジネスにおいて関係ありません。単純に続けれらるかが成功を握っています。

 

まとめ

簡単ではありますが、学生こそネットビジネスを始めるべき3つの理由を挙げてみました。

 

僕は会社に入社してから1年目でサラリーマンになったことを後悔しました。一念発起して、会社を辞められるくらいの収入をネットビジネスで得られるようになったので今は自由な生活を送れていますが、大学生の頃からメンターを見つけてネットビジネスに取り組んでいれば、社会人であった数年間を無駄にしなくて良かったのにと時々思うことがあります。

たった数年と思うかもしれませんが、人生あっという間ですし、明日何が起きるかわかりません。

死ぬ前につまらない人生だったと思いたくないのであれば、自分のやりたいことはどうすれば達成できるかを今から考えていきましょう。

 

おそらくサラリーマンであれば多くのことが実現できません。

 

しかし、ネットビジネスであれば多くのことが実現できます。(よっぽどの夢でなければ)

 

 

以上、相談等あれば連絡下さい。

安藤へ連絡する

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ