M-1プロジェクト【誰でも稼げたら苦労しない】 評判

安藤です。

 

遂に子供の歯が上からも生えてきました。下の歯が生えてから少し時間が空いていて心配だったのですが、無事に白い物が見えてきました。

どおりで最近、離乳食食べない、ミルクも飲まない時期が続いていたのだと思います。また前みたいに沢山ミルクを飲んでくれればいいですけど。。。

 

さて今回は、ゴキブリのように無限に出てくるバイナリ―オプションの無料オファーの紹介をします。

 

M-1プロジェクト

M-1プロジェクト

提供者 株式会社アドバンス
運営責任者 鈴木 健二
所在地 大阪府大阪市西区新町1-7-22-501
TEL:080-8502-7161
お問い合わせはメールにて承っております。
連絡先:(株)アドバンス
商品に関するお問い合せ先 info※m-1pr.com(「※」を「@」に変更してください)

無料オファーではありますが、バックエンドに高額なツールや塾の勧誘の可能性あり

 

紹介動画1話目

本オファーのコンセプトは、PC・スマホ初心者でも2回ポチポチするだけで日給5~10万円は稼ぐことが出来るというもの。

慣れてくれば、日給30万円も稼げるとのこと。

まあ良くあるオファーです。

紹介ページではビジネスモデルを明確にしていませんが、バイナリ―オプションです。

簡単に説明しておくと、未来の為替が上がるか下がるかを予想して、当たれば投資した分の約1.9倍がもらえ、外れれば0になる。いわゆる丁半博打です。

一時期バイナリ―オプションが日本でも非常に人気がありました。シンプルな投資なので初心者でも簡単に行うことが出来たからです。ただ、射幸性の高さから規制が厳しくなり、一時期ほど人気がなくなってしまいました。

紹介ページではリスクについて全く説明していませんが、規制が入ったところからわかるようにリスクは非常に高いです。それは僕が身をもって感じています。(⇒バイナリ―オプションで借金した話

普通のFXは途中で損切が出来るため資金を全部溶かしてしまうことはあまりありません。しかし、バイナリ―オプションでは負ければ0なので、少しメンタルが乱れてしまうと有り金すべてを掛けてしまい、あっという間に資金が底を尽いてしまいます。そこで止められればいいですが、消費者金融に手を出してしまう人も(僕)いるので、本当にリスクがある投資です。

ただ、もちろんバイナリ―オプションで勝っている人もいるので、勝ち続けていくことは可能です。そのためには、当然知識を付けることは必須ですし、何よりも最も重要であるメンタルを鍛える必要があります。

片手間で勝ち続けることは不可能です。

なので、紹介ページに記載されている以下のような言葉に騙されてはいけません。

仮に本当に稼げるツールであるのなら、自分ひとりで使った方が間違いなくリスクが低いです。

普通のFXでは、運営会社は利用者の取引手数料で収入を上げますが、バイナリ―オプションでは負ける人が多くないと利益を出していくことが出来ません。

そのため、皆が皆勝ってしまったら商売できなくなります。

こんな単純なこともわからない販売者の情報が本当に使えるのでしょうか。。。

M-1プロジェクト まとめ

上記で書いてきましたように、バイナリ―オプションでリスクがないと謳っているオファーには気を付けて下さい。リスクは必ずあります。

僕が唯一この紹介ページで共感出来たのが以下の部分です。

会社はあなたの面倒を見てくれない、自分の身は自分で守らなければいけないということです。

本当にその通りです。いつ会社が無くなるかわからないですし、いつリストラされるかもわからない。なんで何も考えずにサラリーマン出来るのかが僕には理解できません。

なので、バイナリ―オプションのようなリスクがある副業はおすすめ出来ませんが、初期投資が少なく資金が目減りする可能性が少ない副業は絶対にやるべきだと思います。

僕は初期投資をあまりかけずにアフィリエイトから始めましたが、今はYoutubeでも収入を上げられますし、それらをコラボすることも出来ます。(⇒アフィリエイトとYoutubeをコラボして稼ぐ方法

飲み会なんて行くくらいなら、自分の将来に投資した方が良い未来が待っています。逆に投資しなければ暗い未来が待っている可能性が高いです。

今、楽をするか後で苦労するかの違いですが、齢を取ってから苦労はしたいですか?

65歳くらいで、駐車場の案内係とか僕は絶対嫌です。

半年くらいいつもより睡眠時間を2時間程度削るだけで将来楽が出来る可能性が高いです。

頑張る人は頑張りましょう。

以上、何かあれば連絡下さい。

安藤へ連絡する

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ