KLマラソン2017 走ってきました

安藤です。

 

先日少し話しましたが、海外のフルマラソンに挑戦してきました。

 

海外といっても、マレーシアのKLマラソンでそんなに有名ではありません。

友達から一緒にKLマラソンを走ろうと言われたので、とりあえずオッケーを出して、気付いたらその日がやってきていました。

過去に東京マラソンを走ったことがありますが、当時は前日まで練習なしで気合いで走りきりました。

 

しかし、KLマラソンは東京マラソンと違って気温が高い中走ります。

朝4時スタートですが、走るのが遅い人はお昼前までかかってしまうので暑さにやられてしまう人も多くいます。

そんな中、僕は走りきれたのでしょうか。。。

 

KLマラソン 前日

KLマラソンは日曜日に行われましたが、前日に受付を済ませなければいけません。

受付と言っても大きな会場で色々なイベントも同時に行われており楽しむことが出来ます。

ゲームに参加しただけで、腕に付けるスマホケースをもらえましたが、たぶん使うことはないと思いますw

受付はツインタワーというマレーシアのランドマークのすぐ近くで行われており、受付が終わったあとも観光を楽しむことが可能です。僕は歩いて疲れを次の日に残したくなかったのですぐ帰りましたが。。。

マレーシアならいつでも行けますからね、安いときに航空券を取れば往復3万円くらいです。

 

KLマラソン 当日

マラソンを走るにはしっかりと朝食を食べなければいけません。大体スタートの3時間前くらいには朝食を済ませるのが良いのですが、マラソンのスタート時間が朝4時のため、朝1時に起床。

当然、ほとんど寝れてません。

外を見れば当然真っ暗であり、本当に走るのかと疑いたくなるくらいです。

 

パパッと朝食を済ませ、タクシーでスタート会場まで向かいます。

 

 

朝3時くらいでしたが、人もぼちぼち集まってきており段々緊張してきます。

このときは、とりあえず6時間を切ることを目標に考えていました。走り続ければ達成可能なのでまあ余裕だろうと。

 

そしてスタート地点に皆が集まり、運営からの激励等が始まります。

 

 

スタート直前には、「We will rock you」が流れ皆のテンションはマックス

 

東京マラソン程人はいないので、後ろの方からスタートだった僕でも、先頭グループから10分遅れくらいでスタートラインを切れました。

 

ここからは写真等を撮っていませんので、簡単に感想を。

 

・とにかく応援してくれる人がいない。

東京マラソンをイメージしていると愕然とします。給水所でしか励ましの言葉はもらえません。

 

・アップダウンが激しい

東京マラソンに比べてアップダウンが激しいので、かなり足にきます。高速道路を走ったらするので。

 

・匂いがきつい

途中ゴミ捨て場のような場所の近くを通ったため、そこの匂いがきつかった。酸素を必要としているけど、空気を吸いたくなかった。

 

・暑い

僕が遅かったせいもありますが、日が昇った後はかなり暑い。

 

東京マラソンと比べると不満だらけではありますが、良い思い出にはなりました。

来年走るかはわかりませんが、自分の健康のために定期的に走ろうと考えさせられたKLマラソンでした。

 

 

ちなみに記録ですが、

 

 

もっと頑張りましょう

 

 

タイムリミットぎりぎりでした。。。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ